まんたろうのへらぶな釣り日記 2004年以前

04−8−9  <山田ダム>  47.5
先週に続きええのんおるかな〜
でっ、同ポイントにボートでチャレンジ
夕方から、道路下・橋下に入った友人達は、
ビシィビシッ合わせて、40上を次々にGET
しかし、私の浮きは動きません。
私に来たのは、24時頃、ええ消し込みが在り
”来よったー”数投目、ドスンと消しこみで乗りました。
山田にしては、かなり長手のへらで、
腹も持っていませんでした。
”なが〜”で計ると、47.5cm
その後、43台が一つで、3時に沈没
翌朝は、竿を出さず帰還しました。

昼過ぎから攻めていた与作さんです
私がボートを並びに着けて、30分くらいした頃の
午後5時前に取りこんだ49cmです。
”あかん小さい”と即リリースすると言うので
横から写真だけでもと写しました。
狙いはあくまで55台の様で、針もそら恐ろしく大きい
両針さくらの24号!
大型だけに的を絞らないと、
チョー大型は取れませんわねー





04−8−2   <山田ダム> 50.3センチ
  ようやく待ちに待った50上が!
  ほぼ毎週凝りもせず、山田の50アップを狙って通っていましたが
  前の週にダムサイト近くで、今年1番と思われるええのんをばらしていましたので
  この日は普段とは、気合の入り方が違いました。

  夕方、広田橋を覗くと、
  水位はマイナス3.5M程で陸から狙うにはええ感じなのですが
  目安のフキが全然無く、それではと、ボートでダムサイトまで
  フキ・モジリを探しに行きました
  由一フキが在ったのが愛宕橋の合流地点で、対岸のドン深の岩盤に着けて
  12尺道糸4号ハリス2.5号さくら22号、素マッシュでスタート

  20時過ぎに”ブッ”で尺半くらいのへらが来ましたが、
  あまりええ型で無かったので即リリース
  その後、尺半上のアイ・マブと来ました
  今日はなんでも大きいのがいる様で、ますます竿を握る力が入ります。
  
  23時前にええ消しこみが出ましたが、何も乗らず
  とうとう来よったー 来よりました
  さらにもう一回カラをもらい、23時20くらいに打ちこんで直ぐに1節戻し、
  さらに1節上げてきて ”ドンッ”と消しこみました。
  あんがい素直に上がってきたので、47-48くらいかなーで取りこむと!
  
  早々に険寸台に乗せると、50.6あり、写真をと思いカメラを出している時に、
  バタバタと暴れて、写真を撮る時には、50.3にちじんでいました。
  でも、ええんです、とりあえず50上取れたので、リリースしました。
  ほんま長かったです。辛かったです。
  気持ちに区切りが付き、これでまたへら釣りを楽しめると思うと”ほっ”です。

  本当に山田ダムは、いつもドキドキハラハラさせてくれます。
  これからは、ゆうげきさんの記録を目指し通います。
  何時かは来ると信じて!

01−07−24  <山田ダムダムサイト>


01−06−14・15  <山田ダム・紀の国ワンド> ナイター

山田が好調と聞き、たまらず6/14・15の2日ナイターでチャレンジしました。
14日は、1日中雨で釣り人も他に2人しかいませんでした。
夕方5時より、2本の棚から打ち始めたのですが、暗くなるとブルもさわりません。
ひたすら、じあいの来るのを待ちながら打ちまくりました。
夜中には、私一人になり、もじりもなく静かなものです。
2時に、3本の棚でようや1枚目45.2が来ました。
この日の大助のじあいが来たのは、2時間後の4時からの30分でした。
カラツンが3度・4度あり次に乗ったのは、48.0 やりました。

二日目は、ワンドは満員御礼になり、皆黙々と打ち返す音だけが聞こえます。
8時過ぎに隣の人に2本の棚で44.5がきたのですが、私のうきは動きません。
棚をさぐりだしてまもなく、1枚目が10時過ぎに来ました。3本半でした。
45.3 ラッキー 今日も尺半ゲット と力が入ります。
そして次にきたのは、10時過ぎ 強烈な締め込みの後上がったのが46.8
ラッキー ラッキー 2枚目の尺半です。

今回は、棚をさぐった事が良かったようです。
決め打ちで、良い結果が出る事もよくくありますが、
本当にへらは難しいと、再確認した釣行でした。

それと今回の48なのですが釣って直ぐに計った時には48あったのですが、
今がじあいと思い、写真はあとで取ろうビニール袋に、
3時間ほど入れていたのです
写真を撮ろうと上の道路まで持って上がり、再確認の為、検寸台に載せると
なんと、46.8しかないではありませんか。
5〜6ミリはちじむのは分かっていたのですが
皆さんどう思われます、信じられます。・・・・
これからは、釣って直ぐに写真だけは取ろうとつくずく思いました。




01−06−01    <高山ダム>    17:30〜6/2 4:30

もうそろそろと、高山ダム広瀬(旧17番)に午後5:00頃着くと、
粘りの浜ちゃんの車が止まっています。
”ラッキー”17番に入れる事が出来ました。
先週から尺半前が上がり出していたので、空いていないと思っていたのです。

5:30 二本の宙から打ち始めましたが、もじりもなくブルだけがさわります。
その内気配が出るだろうと、二人 もくもくと打ちつづけるのですが、
へらの気配のないまま、日付けの変わる頃には、床チョイ切りまで下げていました。

手前に流されて下バリが床に着いた頃、出ました カラツン です。
そ〜と、仕掛けを上げ2投目 またも床に着いた頃カラツンです。
針はさくらの20号 このカラツンは大助だと思い、直ぐに赤へらを加えてやわらかく
して、完全に床に下ろした1投、”バツン”と目の覚める当たりで乗りました。

始めは、おとなしく上がってきたのですが、それからグイグイ閉め込みます。
”これはええ型や”と耐え、とり込んで計ると、47.0ジャスト。
久々の高山の47クラスに出会え、ラッキー・・・

その直ぐ後、今度は浜ちゃんに来ましたが残念バレてしまいました。
それ以降、へらの気配はないまま朝4:30ギブアップ。
これからも、高山へらとの再会を楽しみにチャレンジします。



01−05−20    <天ヶ瀬ダム>   7:30〜17:00

昨日より天ヶ瀬が好転と聞き、今日は昼時合を狙いに行きました。
竿17尺2本の宙で打ち始めました。
9:00頃下手二人目の人に43が、直ぐ後に下手一人目の人に47.5
また二人目の人に46.5が来たのです。

次は、私と打ち返していると うきの直ぐ前に大助がゴボッと出たでは
ありませんか。 きょった・・きょった・・きよりましたで〜・・・・・
とたんにうきが、大きくゆっくり上下に動き始めたのです。
もう〜何も聞こえません。聞こえるのは、ドクン・ドクン心臓の音だけ!
でも、うきを落としません。
悲しいかな4投目何処かえお行きになりました。 なんでやねん・・・・・

ならびの人達からも、合わせの音が聞こえなくなり
次に”きよった”のは、午後1:30床チョイ切りでしたが、愛想がなく
”ふわっ”ズボッ” ビシッ で45.2ゲット
でも、ほんま尺半が出て”ほっ”としました。長かったぁ〜

これで今日は帰れると思っていると・・・・10分後、なんと
下手で49.8と言う、えげつないのが出たのです。
その瞬間、私の尺半はチャンベになりました。・・・うわぁお〜



01−02−23   <高山ダム治田>  PM5:30〜10:30

 
天ケ瀬ダムが夏水位まで減水した今は、狙いは高山のみ
  と決め 二月に入ってから三度目のチャレンジです。
  前日は、釣り友が第2ドカンで40前後を二枚釣ったので
  期待して行ったのですが、うろこ一枚に終わりました。
  今の時期、とくに二月の後半〜一回目のはたきまでは
  さわりなしのいきなりの チク あたりが多いので気を抜けません。
  ”ア” あたった、と見逃しがおおいです。
  そして”まだおるやろう”と思って打ち返すのですが
  後がつずきません。
  皆さん”三時間”ノーあたりや、とあきらめずにワンチャンスを
  ものにしてください。
  ”チク” ”フワ です。
  もじりはけっこうあり、第三付近であらい音がしていました。
 
  天ケ瀬ダムでは、田原ワンドのナイターでは、
  あたりも多く、40前後のあいべらが4〜5枚くるようです。
  へらも、いると思います。 チャレンジしてみてわ・


01−01−30   <天ケ瀬ダム>   PM5:30〜9:00

  2001年初めての釣行がこんなに遅いのは始めての事です
  と、いうのもじつは腰を痛めてしまい
  おじいさんになっておりました。
  腰が痛いとほんとに何も出来ません
  昼の仕事も夜の仕事(釣り・釣りの事ですよ)もできません
  皆さんもくれぐれもおだいじにして下さい。
  この日は、朝から医者に行き痛み止めの注射をもらって
  ”釣りにいくぞ”とでかけました
  処が、前日の雨でダムが水を落としていて60〜70p程
  マイナスになっており、どうかなと思ったのですが・・・
  その通り、ノー当たりでシュン・・・
  でも私の前方で3回もじったのですが、
  あれは気のせいでしょうか、誰か正体を確かめて下さい。
  ”そんな あほ やっとれるか”と聞こえてきそうです。
  まあ写真を撮りましたので見てやってください。
  

12年12月7日   <天ヶ瀬ダム>   PM4:00〜9:00

  今日こそはやるぞと、曾束グランドへいきました。
  15尺で二本半の床で、打ちはじめました。
  数投でジャミのおでましです。
  チビチビ、チョコチョコさわっていますが、落としません。
  3時間ずう〜とさわっています。
  17号の針では口に入らないとジャミが怒っているようです
  さらに1時間、まだ飽きずにさわっています。
  人間ずう〜とさわられると、
  ふにゃ〜となるものでして、[今日はこれぐらいにして下
  さい]と、ギブアップです。
  もじりは、何回かありました。そこそこの型だと思います。
  ぜひ貴方も、冷凍人間になりに行って下さい。
  レンタンを、お忘れなく。”飯忘れても、レンタン忘れるな”!  
 

12年12月6 <天ヶ瀬ダム> PM4:30〜9:00

 
 今年は、10月に水位が上がり始めて、11月からは
  満水状態がつづいてます。その間、田原ワンドと曾束
  ワンド入り口付近では49pオーバーが出ています。
  私は、と言えば40にも届きません。そこで一発狙い
  で、本湖へ出かけました。えさ打ち1時間位で、ジャミ
  のさわりが出てきたのですが、落としません。
  さらに1時間程たったころ、なにかでかい奴がきたよ
  うです。
  それまでとは明らかに違ううきの動きです。4〜5pの
  ストロークで上下するのです。
  もう私の心臓は、バクバクです。でも落としません。
  辛抱していたのですが、5〜6投目の弱い半節押さえ
  に、手、手・・手が出てしまったのです。ビッシ・・・・・
  空振りです。
  次の1投で、ト、ホ、ホ・・・・やはり、もう何もおりません。
  また、またやってしまいました、さわりだけで終わってしま
  いました。 どうも、近頃早漏ぎみの様で、泣いています。